17巻を読んで

千秋の父親が出てきました。

どうも彼は家族よりも音楽をとったみたいですね。

小さい時の千秋はそれがショックでそれを見返したいという気持ちがあって心のどこかで父親を意識しているということです。

やっぱり親って言うのは知らない間に意識しているんだなって思います。

私もそんなところはあります。
自分は親を超えるだけの力を持っているのかとどうしても比べてしまうときがあります。

そういうところがよく書かれていて面白いなという風に感じました。